SaruのUberEats配達日記

東京のクロスバイク配達員Saruです。ウーバーイーツの登録方法や、稼ぐコツなどを公開していきます!

UberEatsの配達員が逮捕!ギグワーカーは犯罪者が多いのか?

f:id:ta423:20190827183322j:plain

ウーバーイーツの配達員が逮捕されたと話題になっていますね。30代半ばの配達員が路上で女子大生を押し倒してわいせつな行為をしたそうです。

業務に使用していた自転車で女性を物色して回っていたということです! なぜこのような犯罪を犯してしまったのでしょうか?

またウーバーイーツの配達員は犯罪者ばかりなのでしょうか?

配達歴1年の僕がこの記事で解説したいと思います。

なぜ業務中に女性を物色していたのか?

ウーバーイーツの配達は、アプリを使って仕事を請ける方式なのですが、その仕事の割り振りのアルゴリズム(プログラム)の詳細は公開されておらず、不明な点が多いです。この為、経験の少ない配達員はうまく稼ぐことができませんし、ある程度の知恵が必要になります。

どうしても暇な時間が生じてしまいますので、 「仕事に行ってくる」と言って家を出ても退屈な時間が多くて、つい魔が差したのかなと思います。

この仕事は夜道を走っている時間が非常に長いので、実際に女性の一人歩きをたくさん見かけます。日本人の女性は本当に無防備だなと思います。いくら路上に防犯カメラがあるとはいえ、「捕まってもいい」と開き直った犯罪者の前では無力です。夜中に酔っ払ってふらふら歩いていたら、ナンパや犯罪者の餌食になるリスクはあると思います。

ウーバーイーツの配達員は犯罪者ばかりなのか?

一般に低所得者は犯罪者が多いとされます。ウーバーイーツは年収ピラミッドでは底辺のギグワーカーですが、日本においては最低賃金を上回る金額を稼ぐことができます。その人の稼ぐ能力(稼働時間や運も含めて)にもよりますが、実際の暮らしぶりはそこまで悪くないと思います。アプリのバグや運営のダメさはストレスになるものの、組織に属しているよりはずっと自由でおおらかな気持ちで仕事ができるように思います。

実際には副業組が多い為、そこまで低所得の世帯の人ばかりが参加しているという実情はないかと思います。

我々は絶対に犯罪をしてはいけないと肝に銘じるべき。

配達員の行動は(稼働中は)常にウーバー側に追跡されていますから、誰がどの時間にどこに訪問したか分かってしまいます。なので配達中に女性宅に押し入るような人はまずいないでしょう。

今回のように路上でやれば捕まらないかもしれないと考える人もいるかもしれませんが、都内はそこら中に監視カメラがありますし、走行中の車からはドライブレコーダーで録画されています。

現在の東京は実際に「監視社会」となっており、性犯罪の取り締まりも厳しくなっていますから、とにかく捕まる可能性が高いと思います。

経済学や心理学などの研究では、人間は自分の都合の良いように物を考える傾向があることが分かっています。「希望的観測」で「ちょっとぐらいやっても捕まらないんじゃないか?」と魔が差してしまう人もいるかと思いますが、絶対に辞めたほうがいいと思います。

悪いことばかりじゃないウーバーイーツ。

今回は後ろ向きな話になってしまいました。

たった一人の配達員が悪いことをしただけなのですが、風評被害で評判が悪くなってしまうのではないかと不安です。実際にはウーバーイーツの仕事、前向きな側面もたくさんあります! もし配達員になってみたい方は、詳細は以下の記事をご覧ください!

www.kamiwaza.work

このブログについてのお問い合わせはubersaru.tokyo@gmail.comまでお願いいたします。
当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。