SaruのUberEats配達日記

東京のクロスバイク配達員Saruです。ウーバーイーツの登録方法や、稼ぐコツなどを公開していきます!

【鳴らない原因】応答率が低いと鳴らない?受けキャンはNG?

f:id:ta423:20190510032425j:plain

最近話題になっている以下のツイートですが、このツイートによれば「受けキャンが多いとアカウントの一時又は永久停止」「応答率が下がると配車の優先度が下がる」とのことです。

事実かどうかは分かりませんが、本当にサポセンのスタッフが発言したということであれば、恐らく事実なのでしょう。(ファクトチェックしようがないが、自分もサポセンに行ってこようかな?)

僕昨日配達した時は、8分の配車を1回蹴って、すぐに4分の配車が来たのでそちらを受けました。それから後は遠いのも無かったので全部受けていましたが、鳴りは続いていて良かったです。ただ昨日は風が強かったせいで配達員少なめだったかな。

今日は今現在、自宅オンラインにて30分無音です。特に理由は分からないです。謎。ちなみに現金は面倒なのでオフにしちゃいました。

以上、事実だとすれば「ロンピでも積極的に受ける」「受けキャンは絶対にしない」「ダブルを蹴りたい時は配車リクエストをオフにする」などの対応が必要になります。

ちなみに「受けキャン」とは、リクエストを受けた後にキャンセルすることです。

応答率は、リクエストが来た時に「拒否する」を押した場合に下がります。

以下、余談になります。

最近僕は思いますがウーバーは「金持ちでナルシストな実業家が、GoogleやFacebookに入れなかったエンジニアにお願いして『最新のテクノロジー』を自称したサービスを作ってもらっている」というのが真実ではないかと思います。

でなければこんなに不具合の多い、意味不明なサービスが誕生するとも思えないからです。

ウーバー社の実際の業務は「調整」に始終していると思います、ウーバーは大してクリエイティブな仕事も出来ない。結局のところ物を売るには「調整コスト」がかかる。本来ならばAIが管制すべきなのですが、『最新のテクノロジー』ではうまくいかないみたいですね。

このブログについてのお問い合わせはubersaru.tokyo@gmail.comまでお願いいたします。
当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。