SaruのUberEats配達日記

東京のクロスバイク配達員Saruです。ウーバーイーツの登録方法や、稼ぐコツなどを公開していきます!

UberEats配達員が労働組合ウーバーユニオンを結成する動き。

f:id:ta423:20180301010934j:plain

大手メディアが配達員が労働組合を結成する動きをしているとの報道を始めました。個人事業主扱いで社会保険の負担もなく、アプリの利用者ということで源泉徴収もありません。配達中の事故は保険が出るそうですがそれ以外は保険が出る確証もない。僕も一応Lineの自転車保険には入っていますが、オンラインでただ移動している時に万が一事故ったら本当に払われるのかは良くわかりません。

問題山積みのウーバーイーツという働き方

面接もなく誰でも採用で、研修もありません。始めるハードルが極端に低いと思いますが、サポートの手薄さゆえにトラブルも頻発です。サポートセンターも出来損ないのAIのような回答をしてくるだけで、それぞれの事情を汲んではくれません。

12件配達で3000円などのインセンティブを出していますが、実際やってみるとかなり大変な仕事です。個人でやるには荷が重すぎる仕事でもあるでしょう。

ほとんどの人は確定申告のやり方も分からないだろうし、帳簿だってまともに付けれないと思います。どのぐらいの税金を後から支払うのか、どのぐらいの社会保険料を負担しなければならないのか、きちんと計算できる人がどれぐらいいるでしょうか。

このようなウーバーの働き方のスタイルは会社や先輩の保護を受けれない分、SNSのコミュニティがこれを代替していると思います。歌舞伎町のあたりに行くと配達員が輪を作ってタムロをしているのも見かけますね。 

僕自身、色々経験しています。マクドナルドのアルバイトがホットコーヒーの蓋をちゃんと付けていなくてカバンも服もコーヒーまみれになりましたが、サポートからはなんの保障もなかったです。歌舞伎町でキャバクラの事務所に届けてチンピラに言いがかりを付けられ怒鳴られたことがありますが、サポートが今後マッチングしないように対処してくれただけでした。

今までの配達件数は1500回程度ですが、こんなことは度々あります。なんでこんな仕打ちを受けなくてはならないのか、最初の頃は気持ちのやり場がなかったですね。

近所のレストランの人も「サポートはク○だよね。いかにも外国のサービスって感じ」と言い切っていて、レストランに対するサポートもこのレベルなのかと驚きました。

ウーバーユニオン結成へ

川上さんのツイートは度々拝見しておりましたが、労働問題に詳しい弁護士さんのようですね。

どうやら今回報道されているのはこちらの弁護士さんのツイートのことなのかなと思います。

以前からこのような発言をされており反響がありましたので、今回結成に向けて動くことにしたのではないかと推測します。

12日の準備会は近所なのでぜひ行きたいと思いましたが、あいにく忙しくて予定が合わず。これからの動きを見守っていきたいと思います。

関連リンク

ウーバーイーツユニオン準備会 (@uberunion2019) | Twitter

川上資人 (@YoshihitoKAWAKA) | Twitter

UberEats配達員の雇用責任を回避してるとの批判 労働組合の結成を準備 - ライブドアニュース

ウーバーイーツ、日本の配達員が労働組合結成準備 :日本経済新聞

このブログについてのお問い合わせはtakayan9800@gmail.comまでお願いいたします。
当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。