SaruのUberEats配達日記

東京のクロスバイク配達員Saruです。ウーバーイーツの登録方法や、稼ぐコツなどを公開していきます!

個人が配達をするウーバーイーツ、低いモラルの配達員とトラブルに巻き込まれる心配は無いのか?

f:id:ta423:20181113022852j:plain

ウーバーイーツ配達員のモラルの低さが問題になることがあります。実際のところ配達員の品質はどの程度担保されているのでしょうか。考えてみたいと思います。

挨拶できない配達員

ウーバーの配達員は挨拶できないことがよく話題になります。

僕自身100回ぐらい注文しましたが、実際のところ普通の挨拶ができる人は半分ぐらいかと思います。お待たせしました、ありがとうございました。ぐらいで良いと思うのですが、それすらないことが多いですね(笑)

無言で渡してくる人とかも当たり前にいます(汗)。注文者側にいるとマジでやべえサービスだなと思います。

僕は会社員の頃に飲食店を回っておりましたが、まず扉をノック。誰もいなくても「お世話になっております。失礼します」と大きな声で言いながら入っていき、スタッフの人がいたら「お世話になっております!(会社名)です!」と元気よく挨拶していました。

社会人からしたら当たり前ですが、こういうのはある程度強制されて訓練しないとできないことなので、ウーバーは面接なども無いですから、学生や社会経験の少ない人には難しいですね。

危険な運転

危険運転もよく話題になります。

自転車で信号無視などしてもほとんど罰せられることは無いですし、人通りの多いところで多少乱暴な運転をしたところでアカウント停止されることは稀だと思います。

普段は配達員が急ぐメリットはほとんどありませんが、ウーバーイーツは「特別インセンティブ」という仕組みがあり、雨の日などコンディションが悪い時に「制限時間内に何件配達したら追加報酬」という仕組みがあります。

この後半になると1件の違いがけっこう大きいこともあるので、危険な運転に走りやすいです。これは運営側が交通違反を煽っているようなものですね。

安心して食べられるのか?

はっきり言って、配達中のことは見えないです。商品を途中でつまみ食いしてるかもしれないし、弁当の中にツバ吐かれていても分からないです。

僕はウーバーは単純にクーポン使えば安く注文できるから利用しています。付いてきた箸とか袋に入っていなければ使わないですし、まあ食い物はちょっとぐらいイタズラされてんじゃねえの?と思いながら食っています。

そもそも飲食店って、ゴキブリいる店はめっちゃいます。都内って居抜きの建物が多いから、当然隙間も多いです。バイトが何してるかも分からないし、まあ気にしていたら食えないので、気にしないようにしています。

配達員は犯罪おかさないのか?

配達中に犯罪を犯すことは十分に可能ですが、配達員は足がつきやすいのでやらないと思います。誰がどこに何時に配達したか記録が残っていますし、付近のカメラを分析すれば簡単に犯人を特定できるわけです。

まず性犯罪の可能性ですが、中にはナンパする人とかもいると思いますが、さすがに部屋に押し入るような人はいないかと思います。女性の一人暮らしで心配ならドアノブにかけてもらうとか、玄関先においてもらうとかが良いでしょう。

次に窃盗・強盗ですが、大事なものを玄関先に置く人はいないかと思いますが、ホームセキュリティはちゃんとしておきましょう。

個人事業主のモラルが低すぎる問題

個人が仕事を請負配達をするというのは、日本の社会は会社が中心にありますから、かなり斬新な試みだと思います。

ほとんどの人は会社という組織に属していて先輩や同僚の視線があるからこそ一生懸命仕事をしますし、個人で仕事をしている人でも自分の事業や会社の信用を守るために高いモラルで仕事をしていると思います。

モラルを守ることが明確に自分の利益に繋がっているからですね。

一方でウーバーはどうでしょうか。

行動心理学の見地から明らかになっていますが、人間は匿名性が高いとモラルが低下する傾向にあります。

ウーバーはこの点において良くないですね。例えば配達員は、下の名前がアルファベットで表示されるだけになっています。このようなシステムだと、匿名性が高いように感じてしまうのでモラルが下がると思います。

相互の評価制度

現状のウーバーイーツは配達員の品質がバラバラですが、ある程度は担保できているのではないかと思います。オンラインサービスの信用は評価によって可視化されることが多いと思います。

この仕組みは単純で相手に不快な思いをさせれば評価が下がるので自分の信用が下がるというだけです。

実際、僕が注文した時に評価が80%などと表示される人はかなりヤバめな人が多いです、ただ商品を渡すだけなのにどうやって相手に不愉快な思いをさせるのか不思議なぐらいなのですが、簡単な仕事もできない人が世の中にいるわけです。

こういう人は評価がどんどん下がりますから、運営から注意が入り、最終的にはアカウントBANとなります。

問題はある程度評価が下がるまでは野放しになってしまうことですね(汗)

ある調査によれば、不満があってもわざわざクレームを付ける人とというのはかなり少ないらしいですから、意識的に評価をしていく必要があります。

トラブルに巻き込まれる心配は、ある。

結局のところウーバーイーツはトラブル頻発です。注文者側のリテラシーも問われるサービスだと言えるでしょう。

配送料が安すぎるのも、品質がこのレベルに留まっている原因かと思います。安いものは、それなりです。

念のためですが、トラブルの原因が配達員のせいでない場合もあります。僕自身、レストラン側の梱包が不完全な為にひどい目にあったことが4〜5回あります。ちゃんと届けたいけど、カバンの中でグシャグシャになってしまって泣く泣く廃棄にしました。

これから日本ではこのような個人同士を繋ぐプラットフォームが増えていくことだと思いますが、僕たちのリテラシーも向上していかねばですね^^

 

UberEatsの割引クーポン情報は、下記の記事にて随時更新中です。

ubereats-juggler.hatenablog.com

 

UberEatsで配達をしてみたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

ubereats-juggler.hatenablog.com

このブログについてのお問い合わせはubersaru.tokyo@gmail.comまでお願いいたします。
当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。