SaruのUberEats配達日記

東京のクロスバイク配達員Saruです。ウーバーイーツの登録方法や、稼ぐコツなどを公開していきます!

ウーバーイーツで稼ぐコツ、時間帯や場所はどこが良いか。

f:id:ta423:20181113022852j:plainウーバーイーツを始めたは良いけど稼げない、体がしんどいなどの理由で辞めていく人は多いと思います。この記事では配達歴半年ほどの筆者が、稼げるコツについてまとめてみたいと思います。

心構え

ウーバーは稼げる方法を公表していないですし、アプリもどこに行けば鳴るのか分かりづらくドライバーに不親切です。注文用のアプリUberEatsをダウンロードして近くのお店の営業時間を調べて、どこに鳴るお店があるのか把握しておくことは大切です。

配達中のトラブルを避ける為、準備は万端にしてからオンラインにしましょう。

経験値を積むことで配達全体のフローをスムーズにこなせるようになると思うので、普段から向上心をもって取り組みましょう。

乗り物の選び方。

ウーバーイーツでは乗り物は、自転車と原付から選ぶことができます。自転車ならママチャリ、電動自転車、クロスバイク、ロードレーサー、原付であれば一種(50cc)だけでなく2種(125cc以下)も使用可能なようです。

基本的には長時間の配達になりますので体力は必要です。原付だって長く乗っていれば疲れますからね。都内の道路を走るのは最初は緊張しますが、慣れてくればスムーズに走れるようになります。くれぐれも事故には気をつけましょう。

Twitterを探したところロードレーサーで日給3万円稼いだ人もいるらしく、原付のほうが安定するとは思いますが、自転車も小回りが利いて手軽であり、東京の狭いアパートでも部屋に置いておくことができますので、メリットが多くそんなに悪くないと思います。

筆者はdocomoのレンタサイクルから始めましたが不満が多かったので、60000円ほどで分割購入したクロスバイク(giant escape r3)で配達しています。

メンテナンスは注油(オイル)と空気を入れるぐらいで、汚れたら綺麗に拭くようにしています。ママチャリが15km/hぐらいに対して、クロスバイクは30km/hぐらいは普通に出して走れますし、傾斜の急な坂道でもギアを下げることでグイグイと上がっていくことができます。大変な運動量なので、お腹は空きます。

 

 

都心に行った方が良いか?

都心に行った方がお店の数は多くなり、富裕層の住む住宅地や可処分所得の多いオフィス街などがあるので全体の注文量は多いと思われますが、その分ドライバーも非常に多く、1人あたりに割り振られる仕事量は少なくなります。

私自身は長い間、渋谷を中心に活動していましたが、思ったほどペースが出ない為、最近ではほとんど自宅付近(中央線沿い)で活動しています。待機時間が長いこともありますが、遠くまでいくモチベーションが低いので自宅付近で稼働していることが多いです。

時間帯は何時に稼働すべきか。

時間帯に関していうと、11:00〜13:00頃、18:00〜20:00頃、1日に2度のピークタイムがあります。この時間はお店にいくと4人ぐらいピックアップ来ていることもあり、注文量の多さが分かりますね。

特に他に用事がなければ1日に2度この時間を中心に活動することをお勧めします。

経験則になりますが9:00〜11:00頃、14:00〜16:00頃はほとんど鳴らない印象がありオフタイムだと言えるでしょう。

夜は幅広く、24:00頃までは鳴ります。24:00で注文受付は終了ですが、注文が入って料理ができるまでに時間がかかることもある為、24:40に鳴ったという話もあります。

私自身も24:20頃に鳴ったことがありますね。

 

 

インセンティブとキャンペーン

日頃からUberEatsのアプリを開くようにして、キャンペーン情報を必ずチェックしておきましょう。送料が無料だったり一部の商品が半額だったり、ウーバーイーツは定期的にキャンペーンをやっています。この時期はキャンペーン対象のお店の近くで待機するようにしましょう。

また、特別インセンティブ(8回配達で1300円など)がある時は必ず稼働するようにしましょう。天気が良いとドライバーの数も増えるので達成が難しくなりますが、雨の日はドライバーの数がぐっと減るので12回配達も難しくありません。

無駄を減らす。

10分などと表示されているピックアップは、特にそちら側に戻るつもりだったなどの理由がない以上は、「拒否する」「キャンセルする」を使ったほうがよいかと思います。キャンセルしたところで特にデメリットは無いと思われます。

だいたい半径3キロぐらいを直線距離で計算しているように思われますが、筆者は4キロ先から配車リクエストが来たこともあります。

理不尽なお客さんも少しはいるのも事実です。ある程度はリスクとして承知しておくべきですが、電話をかけて反応がないまま5分が経過したら、配達完了にした方が良いでしょう。我々も薄給ですし、付き合っていては身が持ちません。

以上です。

以上になりますが、ご参考になれば幸いです。より詳しい情報などありましたらお気軽にコメントください。

UberEatsの割引クーポン情報は、下記の記事にて随時更新中です。

ubereats-juggler.hatenablog.com

 

UberEatsで配達をしてみたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

ubereats-juggler.hatenablog.com

このブログについてのお問い合わせはubersaru.tokyo@gmail.comまでお願いいたします。
当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。