SaruのUberEats配達日記

東京のクロスバイク配達員Saruです。ウーバーイーツの登録方法や、稼ぐコツなどを公開していきます!

究極に自由な働き方、UberEatsで稼ぐ方法を公開!登録方法〜バッグの受け取り方、稼ぎ方など!

f:id:ta423:20181113022852j:plain

UberEatsはアプリを使って仕事を受注し、自分のペースでできる配達のお仕事です。自転車または原付自動車を持っていれば、すぐに始められます。この記事では登録方法やバッグの受け取り方、配達のポイントをご紹介します。

会社で働くのにうんざりしていませんか? 4G回線が発達した現在、この日本には究極に自由な働き方が存在しています。それがUberEats(ウーバーイーツ)の配達員という職業です。

配達員アプリ登録の手順

⑴下記画像をクリックするとUberの公式サイトにジャンプします。UberEatsの配達員としてのアカウントを登録してください。

f:id:ta423:20190212002521p:plain

↑クリックでジャンプします。

⑵アカウント登録が終わったら、ストアからUberDriverというアプリをダウンロードします。ログインすると管理者の承認を待っています、みたいな画面になると思いますが、待っているだけでは使えるようになりません。

東京の場合は、大門、秋葉原、新宿のいずれかのパートナーセンターに行きます(アポイントなしでOK)。その他、各地域にサービスセンターがあります。受付で「登録にきました」と言えば案内してくれます。iPadで動画を視聴した後、配達バッグを渡され、配達のコツやアドバイスなど簡単な説明をしてくれます。気になることがあったら聞いておきましょう。

この配達バッグは8000円のデポジットがかかる為、最初の4週間は売上金から2000円ずつ預かり金として引かれますが、解約した時に受け取れるそうです。(解約予定がない人は半永久的に受け取れない, 笑)売上金がない場合は、マイナス表示になります。(笑)

パートナーセンターは下記の日時に利用可能です。

事前の予約は不要です。直接お越しください。

◆ Uber Eats パートナーセンター(大門)

住所: 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル1F

営業時間:月〜日: 12:00〜19:00

◆ Uber Eats パートナーセンター(秋葉原)

住所: 東京都千代田区神田須田町2-1-1 ザ・パークレックス神田須田町 4F

営業時間:月〜日: 12:00〜19:00

◆ Uber Eats パートナーセンター(新宿)

住所: 東京都新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル 3F

営業時間:月〜火・木〜土(祝日含む)12:00〜19:00

東京都以外でも千葉県市川市・船橋市, 神奈川県横浜市・川崎市, 埼玉県さいたま市・戸田市・蕨市, 愛知県名古屋市, 大阪府大阪市, 京都府京都市, 兵庫県神戸市・芦屋市・西宮市, 福岡県福岡市がサービス対象エリアで、サポートセンターも各地にあります。注文はエリア内からしか出来ませんが、配達員の方はエリアまで移動すれば配達できます^^

パートナーセンターの対応はあまりよくありません。ベンチャー企業にありがちだと思いますが、従業員の経験や知識が少ない為オペレーションがうまく回っていません。近くに駐輪場がなく、警備員から徒歩10分のところにある駐輪場に置いてきてくださいと言われる冗長っぷりです。(汗) 大門のところは駐輪場があるみたいです!

ウーバーの仕事内容・配達手順

※こちらは旧アプリでの説明になりますが、新しいアプリは画面のユーザインタフェースが少し変わっています。

自転車や原付バイクなどで、飲食店から顧客へと荷物を届けるお仕事です。できる限り短時間で間違いなく正確に配達を終えることが大切です❗️

f:id:ta423:20180811155929j:plain

⑴アプリを起動したら、左上のボタンで「オンライン」にすると、飲食店側のアプリから「この人は今オンラインですよ」とわかる状態になります。

⑵依頼があると、🎵ピコンピコーン!!🎵というアラームが鳴ります。画面をタップすると、依頼を受けたことになります。

⑶住所やナビボタンが表示されるので、これらの情報を元にレストランまでたどり着きましょう!

⑷品物を受け取ったら、受け取り操作をします。

⑸今度はお客さんの住所やナビボタンが表示されるので、これらの情報を元にお客さんのところまで辿り着きましょう!

⑹お客さんに品物を渡して、アプリで受け渡し操作をすると、最初の画面に戻ります❗️

文章だと分かりにくいので、まず1件やってみると良いと思います!

営業や配達の経験がある方は「これいつもやってた仕事じゃん!」ってなると思います。

電動自転車もしくは原付バイクの用意

東京は坂が多いです。普通のチャリだとものすごく効率が悪いので、乗り物は用意しましょう❗️

電動自転車はコミュニティサイクル(通称:赤チャリ)が月4000円で借りられます。時速20キロは出ますし、坂道も簡単に登れます。

クロスバイクで頑張るのであれば、ある程度良いものを買いましょう。平坦な道なら時速30〜40キロぐらいは出るみたいです。原付並みの配達ができます。タイヤは大きくすり減りますし、メンテナンスがちょっと大変です。

原付であれば、帝都産業から16000円/月で、借りられます。少し高くなりますが、自転車に比べて圧倒的に楽なのは間違い無いでしょう。(原付も長時間のってると疲れますが……)

あると便利なもの・用意するもの

名前 使い道
スマホ 必須。
配達バッグ

必須。登録時にサポートセンターで貸してもらえます

スマホホルダー

ほぼ必須。いちいちポケットから出していたら時間がかかる。配達時間の大幅な短縮に

ポータブル充電器、ケーブル類 ほぼ必須。配達中に電池切れたらアウトです
レインコート 雨の日に必須
スマホの防水ケース 雨の日にほぼ必須, 濡れるとどうせ操作できないので、腕につけるタイプのほうが良いかも。
ウェストポーチ ほぼ必須。貴重品は肌身離さず
身分証 ほぼ必須。港区のマンションなどで、受付で提示が必要な場合がある。
厚めのプチプチ あれば便利。鞄の中で品物が踊らずに済みます
ポケットワイファイ 通信制限対策。あまり遅いと鳴らない可能性がある。
水筒 あれば便利。保温性能のあるものがあると非常に快適。

 

僕は上のスマホホルダー使っていますが、けっこういい感じです^^

着脱が早くできて、ガタガタしないのが気に入っています。

経理について

ウーバーは配達員との労働契約がなく個人事業主への業務委託という扱いになり、しかもアプリの利用者にレストランからの支払いを仲介しているだけというよくわからない法的にグレーなところでやっていますので(詳細は不明)、源泉徴収さえありません。なので基本的には自分で確定申告して収入を申請しないといけません。サラリーマンの副業でも20万円から必要ですし、フリーランス(個人事業主, 自営業)の場合も必要です。

口座とクレジットカードは仕事用として分けるのがベストで、経理は適当にクラウド会計のソフトを使ってやりましょう。

会計は基本的に発生主義です。白色申告でも青色申告でも同じで、青色申告の場合は事前に申請すれば現金主義も認められます。

この為、期中現金主義・期末発生主義というやり方がよいかと思います。これは期中は現金主義で帳簿をつけておいて、期末だけ発生主義にするというやり方ですが、初心者の方でも簡単に出来ます。

開業届と青色申告の申請を出しておくと65万円の所得控除が受けられるので税金お得です。

使ったものは領収書を取っておき、経費として記録することで所得から控除(税金の計算から外す)することができます。

所得税の納税、区民税の納税、社会保険(国民年金、国民健康保険)の手続きも自分でやる必要があります。

税務署は何もアドバイスしてくれませんし、確定申告会場も親切とは言い難いです。どの本でも書いてあることは同じなので、経理の本は一冊ぐらいは読んでおきましょう。

税務署は忘れた頃にやってくるといいますので、きちんとやりましょう。

 

フリーランス&個人事業主 いちばんラクする! 経理のさばき方

フリーランス&個人事業主 いちばんラクする! 経理のさばき方

 

 

まとめ

面接などなく気軽に始められる一方で、先輩などいなくて不安もあるかと思いますが、Twitterのコミュニティなども充実しているのでぜひ参考にしてみてください。

引き続きオススメエリアや、配達の注意点などをまとめていきたいと思います。

UberEatsの割引クーポン情報は、下記の記事にて随時更新中です。

ubereats-juggler.hatenablog.com

このブログについてのお問い合わせはubersaru.tokyo@gmail.comまでお願いいたします。
当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。